お知らせ 泉南市 田尻町

8月末時点での大阪りんくうタウン総合開発の進捗状況を調べてみた!

投稿日:

りんくう中央公園用地における売却事業者」について

ここ数年間で、大きく景色が変わりそうですね!

初期の建物のパース

出典:http://www.ttgroup.com.my/project/division/architect/osaka-integrated-development-sp-setia

大阪府の泉佐野市は2018年06月11日に、同市が公募していた「りんくう中央公園用地における売却事業者」をマレーシアの不動産開発会社「セティアインターナショナルジャパン合同会社」に決定したと発表しました。

 

りんくう中央公園用地における売却事業者募集は、同市が2018年1月に募集要項を公表し、国際観光に資する施設とMICE施設を有する事業を行うことが可能な事業者を募集、1者から応募提案がありました。

提案の内容について「りんくう中央公園用地開発事業者審査委員会」における選定を経て、2016年5月25日に事業予定者を決定し、2018年6月8日に当該事業予定者と仮契約を締結、2018年6月議会で議決を経た場合に本契約となります。
契約後、5年以内の完成をめざすとの事。

 

有機的なデザインが日本離れした未来感を醸し出しています。
ホテル、コンベンションホール、物販・飲食店舗、サービスアパートメントを含む延べ面積は約82000平米の複合型施設が計画されています。

 

SPセティア社はマレーシア有数の不動産開発企業で建築業、不動産開発・投資・リースを展開しており、その他プレキャストコンクリート製造、木材製品のプレハブ加工・設置・販売を手掛けます。

 

新しく公開されたパース

出典:http://www.ttgroup.com.my/project/division/architect/osaka-integrated-development-sp-setia

こちらが新しく公開された完成予想パースです。

初期のイメージパースに比べ一気に現実的になりました。

 

展望台のパース

高層ビル2棟の接続部に描かれた展望台の様子です。
レストランやダンスホールの様な感じになりそうです。

 

SPセティアが描く大阪りんくうタウン総合開発。

延べ約82000平米の未来都市は是非とも実現して欲しいです。

りんくうタウンでは、プレミアム・アウトレットの増床や関空アイスアリーナの建設、ホテル WBF グランデ関西エアポート計画など、複数の開発計画が進んでおり、今後数年間で一気に風景が変わる事が予想されます。

 

泉州じゃーなるでは、大阪りんくうタウン総合開発についてわかり次第、お伝えしていきたいと思っています!

-お知らせ, 泉南市, 田尻町

Translate »

Copyright© 大阪泉州じゃーなる , 2019 All Rights Reserved.