イベント 堺市

関西大学と堺市が展示イベントを開催@グランフロント大阪【10/26・10/27】

投稿日:

関西大学と堺市との地域連携事業による展示イベント♡

関西大学総合情報学部 AMDプロジェクトは、堺市との連携事業の一環として堺 アルフォンス・ミュシャ館と連携し、19世紀末を彩ったアール・ヌーヴォーの代表的画家であるアルフォンス・ミュシャの作品をデジタル展示で紹介するイベントを開催します。

ミュシャ・プロジェクションアート

ミュシャのポスター作品をモチーフにした映像。

 

バーチャルミュージアム

連作《スラヴ叙事詩》のスケール感を体験。

 

ポイント!

ミュシャのポスター作品をモチーフとして光と影が織りなす動きのある映像で作品の魅力を紹介

ミュシャがパリで活躍した19世紀末のポスター作品を堺 ミュシャ館の学芸員が講演会で解説

ミュシャの大型連作絵画 《スラヴ叙事詩》 の全体像と各作品のスケール感をデジタル展示で紹介

 

イベントでは、時代を越えて多くの人々を魅了し続けるミュシャのポスター作品をモチーフとしたモーショングラフィックスや、大型連作絵画《スラヴ叙事詩》のスケール感を体験できるVRコンテンツなどを展示します。

学芸員による講演会では、堺市が世界有数のミュシャ・コレクションを形成するに至った経緯とミュシャの生涯をたどりつつ、ミュシャがパリで描いた19世紀末のポスター作品について解説します。

 

■イベント開催概要■

日時:2019年10月26日(土)、27日(日) 両日とも11:00 ~ 17:00

場所:グランフロント大阪 北館2階 ザ・ラボ内 アクティブスタジオ ※JR大阪駅より 徒歩3分(アクセス http://kc-i.jp/access/

展示概要:ミュシャ作品をプロジェクションアートおよびヴァーチャルミュージアムなど、デジタル展示で紹介

対象:どなたでも可

入館料:無料

主催:関西大学総合情報学部 AMDプロジェクト

共催:堺 アルフォンス・ミュシャ館

協力:VisLab OSAKA

 

■関連イベント■

講演会「ミュシャと世紀末のポスター」:川口 裕加子氏 (堺 アルフォンス・ミュシャ館学芸員)

日時:2019年10月27日(日)14:00~15:00

場所:同会場内

備考:申込不要・先着順(30 名程度)

 

-イベント, 堺市

Translate »

Copyright© 大阪泉州じゃーなる , 2020 All Rights Reserved.